ひねもす、おんぶ

おんぶを中心に子育てについて綴っています

◇へこりんぐについて


◇へこリングの使い方


◇手作りしよう!


◇おんぶひも写真館


◇へこリングQ&A


◇お客様の声  


title-2.jpg
ひねもす=(意)朝から夕まで。一日中。
img1a3fd0d0c1z9kg.jpg
はぴねす

namiちゃんのサロン はぴねす

277.jpg
fuwa_b.gif
ban.gif

Designed by unamama

Daisypath Anniversary Years Ticker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

へこりんぐおんぶ(写真版)

静止画でいおんぶの仕方を紹介しています
動画版はこちらをご覧ください

P1030146.jpg
おんぶひもを赤ちゃんの両脇の下に通し、胸の前で束ねます。             
ひもはリング側が短くなるように効き手で下からつかんでください。


P1030147.jpg  P1030148.jpg
赤ちゃんを効き手のひじに乗せ、肩にかつぎあげます。
(赤ちゃんに声をかけ、呼吸を合わせるように心がけてみてください)


P1030150.jpg
赤ちゃんのうでがお母さんの肩にかかる位置に赤ちゃんを背負います。
ひもはリング側が上になるように交差してあごで押えてください。


P1030151.jpg
リングのない方(テール側)のひもの端を持ち、
広げたおんぶひもを体に巻きつけるように、脇の下を通して背中に回します。
(着物を着つけるようなイメージで)


P1030159.jpg
テール側のひもを2本のリングの下を通して折り返し、リングとリングの間を通してぐっと引きます。
(交差した部分がゆるまないように注意してください)


P1030154.jpg
仕上げに肩や脇の下など、ひもの緩みがないかチェックします。
赤ちゃんの位置が低いときは、おしりを押し上げながらテール側のひもをひいてください。


P1030157.jpg
※下すときは手順が逆になります。
 交差したひもがゆるまないようご注意ください。

※ひとりでおんぶするのが不安なときは無理をせず、手を貸してくれる人がいるときに試してみてください。

※やむを得ずひとりで練習するときは、お布団の上やソファーに赤ちゃんを置いた状態からおぶってみてください。

※慣れるまではおんぶした姿を鏡で確認し、赤ちゃんの位置やひものよじれをチェックすることをおすすめします☆
 赤ちゃんをおぶう高さやお母さんの姿勢、ひものよじれなどで重さの感じ方や体への負担が違うのを体感してみてください。
 鏡に映った姿をみることで、慣れないおんぶで緊張していた赤ちゃんの、気がまぎれることもあるかもしれませんよ。

※一概にどれが正解、ということはありません。そのときそのときを、赤ちゃんと一緒に感じてみてください。
 しっくりおぶえたな、というときはいろんな角度から写真を撮っておくのもいいと思います。
 いいお写真が撮れましたら、ぜひブログに掲載させてください☆

スポンサーサイト

PageTop

へこりんぐおんぶ(動画版)

へこりんぐでのおんぶの仕方は、子育てさとちゃんのブログに動画で紹介されています

sarasi-heko


へこリングおんぶ動画

さとちゃんが使っているのは絞り染めをほどこしたさらしのへこりんぐです
幅約60cm×長さ220cm
キルト芯は使用していません

以下、補足です
動画と合わせて参考にしてください

静止画での説明はこちらをご覧ください

                  ◇ 補 足 ◇

・赤ちゃんの脇にへこリングを通し、リングの付け根あたりを利き手で逆手ににぎります

・赤ちゃんはお母さん視線が並ぶ高さまでしょいあげてください

・布を広げ、さらしの腹帯を巻きつけるイメージで、体に巻きつけてください
 お母さんの脇の下を通るようにすると、おんぶひもがゆるみにくくなります

・さとさんのように余ったテールをリング下に入れると、リングによる圧迫感が和らぎます
首の圧迫感が気になる人はたたんだテールをばってんの下に押し込んでみてください
ぴ~さんのようにばってんの下をくぐらせたテールをひらひらさせるのもすてきです♪

・最初から動画と同じようにできなくてもだいじょーぶ☆
お母さんがおんぶに慣れるにつれ、赤ちゃんもおぶわれ方を徐々にマスターしていくので、
のんびりゆっくりおんぶの時間を増やしていってください

・リングの位置は胸元でなければいけないわけではありません
お気に入りのおぶい方をあれこれ工夫してみてください

・スリングとして使用する場合、テールは通常のスリングよりずっと長くなります
くれぐれもテールを踏んだりドアに挟んだりしないようご注意ください
PageTop

へこりんぐで抱っこ

◇へこりんぐはおんぶもできる長めのスリングで、 通常のリング式スリングのように使います。
ご使用のさいには踏んで転倒したり、乗り物のドアなどに挟まぬようご注意ください
P1030168.jpg


  リング式スリングの使い方についてはYou Tubeの動画などを参考にしてください。


◇テールが長いので、赤ちゃんを入れた後にあまったテールはリングに巻きつけるか、
  ポーチ(赤ちゃんを入れる袋状の部分)に入れてください。
◇新生児ちゃんからを3歳くらいのお子さままでお使いいただけます。
  赤ちゃんと相談しながら少しずつ使い方を応用し、ワタシ流育児のアイテムにしていってください。
P1030162.jpg
《モデル;生後10カ月8kg》


006

ちょっとした買い物やお散歩のときは、
余ったテールをリングにひっかけた状態で使用することが多いです


007

バスや電車に乗るときや人混みの中を歩くときは、
テールを完全にポーチ(子どもを入れる袋状の部分)に入れてしまいます



以下のようにポーチを作る前に胴に巻きつけるようにすると、
テールの長さもほどよくなります
巻く位置や巻きつけ加減に慣れるまでちょっと練習が必要ですが、
こうして使うと子どもの重さが背中や腰にうまく分散されるような気がします

001

ここで布が広げるのがポイントです


002

背中→おなかを包むように体に巻きつけます
浴衣を着付ける、あるいは腹帯を巻くようなイメージです


003

子どもを入れるのに充分な大きさのポーチができました☆


004

子どもを抱き上げ、足からポーチの中に入れます
テールをひいてポーチの大きさを調整して完成です


005

後ろから見るとこんな感じ
子どもの体重が肩だけでなく、肩甲骨や左脇にしっかり分散されているのがわかります

PageTop

海外おんぶ事情(おんぶ動画集)

ディディモスのような幅広(90cmくらい?)の1枚布のおんぶです
海外にはディディモス以外にもいろんなメーカーがあるんですね
子どもが肩からお母さんの手元をのぞけるような、高い位置でのおんぶをすすめるサイトも多いです
うちの娘は最近、兵児帯おんぶでは脇の下痛いようで、長時間のおんぶを嫌がるようになってきました(w_-;
なので最近は、ぱぱっとおぶいたいときは兵児帯風に、長丁場になりそうなときはバッククロスで使い分けています
いやがる赤ちゃんを無理やりおぶうのは、母も子もツラいもの…
なみちゃんのアドバイスを参考に、ほんわかやわらかく、おんぶに抱っこしたいですねv(*'-^*)-☆


胸の前にはぜーんぜん布がきません
家事してるうちに布が肩からずり落ちてきそうな気もしないでもないですが・・・


こちらの方法もシンプルです



こちらはやや複雑ですが、しっかりおぶえます



おっぱいぼよよんにならないおんぶ
おんぶで首が苦しくなる人にもよさそうです



新生児ちゃんをパパさんがおんぶ



目からウロコの前抱っこからばってんおんぶのチェンジ技


You tubeにはほかにもいろんなおんぶがいっぱい♪
お気に入りの方法がみつかるといいですね
PageTop

ディディスモ抱っこ

ディディスモ(ベビーラップ?)みたいなおんぶひも、ディディスモ(詳しくはこちら
sumo5.jpg

IMG_2336.jpg
抱っこするとこんな感じです

sumo4.jpg
赤ちゃんを下したところです
ディディモスのサイトで紹介されている、ラップ&クロスキャリーの、④で前にたらしたひもをまずおなかに巻いたところに入れ、
おへそのあたりで交差させてから、後ろに回し、⑧の写真のように背中で結んでいます
これだと結んだまま赤ちゃんを出し入れすることができるので、車での外出など、赤ちゃんを抱いたり下したりするときに便利です

赤ちゃんを入れるときは、おなかに巻いた部分を写真のように押し下げ、ディディモスのクロスキャリー⑤、⑥のようにクロス部分に赤ちゃんを入れた後、押し下げた部分を引き上げて、赤ちゃんのおしりから背中まで覆います

ラップ&クロスキャリーの動画はこちら↓


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。