ひねもす、おんぶ

おんぶを中心に子育てについて綴っています

◇へこりんぐについて


◇へこリングの使い方


◇手作りしよう!


◇おんぶひも写真館


◇へこリングQ&A


◇お客様の声  


title-2.jpg
ひねもす=(意)朝から夕まで。一日中。
img1a3fd0d0c1z9kg.jpg
はぴねす

namiちゃんのサロン はぴねす

277.jpg
fuwa_b.gif
ban.gif

Designed by unamama

Daisypath Anniversary Years Ticker

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

へこリングとおんぶ専用タイプ

6739700_2263050153s.jpg

へこリングは、兵児帯のようにおんぶできるように工夫されたおんぶ兼用スリングです
抱っこするときは一般のスリングのように使用します


おんぶ専用

一方、おんぶ専用タイプは抱っこに使用することはできません

へこリングの幅は55~80cm程度(布の厚みによって違います)
ほとんどが裏表のない1枚布です

おんぶ専用タイプの幅は12~22cm程度
へこリングと共通する素材で作られたものもありますが、へこリングよりも幾分しっかりした布地で作ることが多いです
それを折り返したりキルト芯をはさんだりすることで、安定した幅と厚みを保てるようにしています

へこリングと比較したときのおんぶ専用タイプの特徴としては

肩や胸にあたる部分が広げやすく、圧迫感の少ないおんぶができる
《写真をクリックすると拡大します
onbu-sennyou
                
リング4


子どものおしりを包みやすい
《写真をクリックすると拡大します

おんぶ専用1


リングに通しやすい
《写真をクリックすると拡大します
ring1

リング

リング3


軽量コンパクト
(布の種類などにもよりますが、スリング兼用タイプの半分ほどのボリュームです)

という点があげられます
また、手作りする人にとっては”へこリングより作りやすい”というのも大きなポイントかもしれません(*⌒∇⌒*)
使用する布がへこリングよりも少なくてすむので、みっきーさんのように同時に抱っこひも(と、収納ポーチ♪)を作ることも可能です
サイズにもよりますが、同じ布でへこリングとおんぶ専用タイプを作ることもできます

なお、どちらのタイプの方が使いやすいか、という点については、やはり実際にお試しいただくのが一番かと思います
おんぶ専用のものは抱っこには向いておりませんので(ときどき無理やり使ってますが…)
抱っこにも使いたい、という場合はスリング兼用タイプか、抱っこの負担が両肩に分散する、兵児帯や1枚布タイプがいいと思います
また、乳腺炎になりやすい方やおんぶすると胸が強調されるのが気になるという方は、
兼用タイプで胸を包むようにおんぶすると、ある程度やわらげることができます


また、兵児帯とへこりんぐ(スリング兼用・おんぶ専用)を比較すると
長さが約半分なのでコンパクトで扱いやすい  
おしりを包むのが1回でいいので、おんぶが手早くできる 
リング式なので結び目がなく調整が楽

両肩抱っこがdきない
首のしまりが気になる人には使いにくい

という特徴があります





スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。